環境経済学の試験結果

環境経済学Iの前期試験解答例と集計結果をこちらに掲載しました(PDFファイル)。


試験を採点した感想を少し。計算問題はできた人とまったくできない人に極端に分かれる傾向があったね。課題で出した計算問題をきちんと復習していた人にはわりとカンタンだったんじゃないかな。語句説明はかなりの人ができていたね。論述問題については、「経済実験の結果を踏まえて」という部分と「経済モデルを使って」という部分までクリアしているかどうかが採点のポイント。「経済モデル」は講義で説明した内容と同じでもかまわないし、講義とは異なるモデルを使っていても内容をきちんと説明できるものであればOK。ただし、文章で説明するだけではなくて、グラフまたは数式で説明することが重要。「経済実験」については講義に出ていなかった人にはちょっとキビシかったかも。
前期試験の平均点は71.3点。問題数が多かったわりに平均点は高め。成績は相対評価。詳しくは前期試験解答例と集計結果(PDFファイル)の3ページ目を参照してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

MT3

次の記事

Web実験室を更新