「初心者のための環境評価入門」

ここでは『初心者のための環境評価入門』に関連する情報を提供します。どうぞご利用ください。

栗山浩一・柘植隆宏・庄子 康.『初心者のための環境評価入門』勁草書房、2013年2月(amazon

1.概要

従来の環境評価のテキストでは読むだけでは分からないことが多く調査に行き詰まることもしばしば見られた。本書は,いままで環境評価に関する書籍を読んだことのない初心者でも,またこれから環境評価の研究に取り組む学生や,環境評価の実務を担当するコンサルや行政担当者にとっても最適な,まったく新しいタイプの入門書である。

2.本書の特徴

  1. 主要な環境評価手法をすべて取り上げている。
  2. 近年の研究動向を反映している。
  3. サンプルデータを使って,具体的な分析手順を詳しく解説している。
  4. 経済学の専門知識がなくても読み進めることができるように工夫している。
  5. 豊富に「コラム」を設け,本文に関連するさまざまなトピックを紹介している。
本書の最大の特徴は,サンプルデータとExcelシートを使って,誰でも環境評価を体験することができることである。その体験を通して,多くの人に環境評価のおもしろさを実感してほしい。そして,1人でも多くの人が次のステップへと進むことを,著者一同強く願っている。

3.目次

  まえがき
  第1章 環境の価値と環境評価手法
  第2章 環境評価手法の理論
  第3章 代替法
  第4章 ヘドニック法
  第5章 トラベルコスト法:シングルサイトモデル
  第6章 トラベルコスト法:マルチサイトモデル
  第7章 仮想評価法:手法の概要
  第8章 仮想評価法:分析の手順
  第9章 仮想評価法:調査設計
  第10章 コンジョイント分析
  第11章 リスクの経済評価
  第12章 費用便益分析
  第13章 その他のトピックス
  補論  Excelでできる環境評価
  練習問題の解答,さらなる学習に向けて,参考文献,索引

4.関連ファイルのダウンロード

本書の読者は,「Excelでできる環境評価」とサンプルファイルを無料で使用できます。使用する際には以下の利用規定にご注意ください。ファイルの使用方法は,本書を参照してください。



ファイルサイズ424kb,zipファイル, Excel2003以降(Windows)が必要です

ファイルサイズ1,168kb,zipファイル, Excel2003以降(Mac)が必要です


ファイルサイズ1,779kb,zipファイル




■トップにもどる