環境経済学(栗山浩一)について

サイトマップはこちら

このページの歴史

 このウェブサイトは1997年2月10日に誕生しました。1997年1月にロシアのタンカー「ナホトカ」が島根県沖で沈没し、大量の重油が流出した事故がありましたが、このウェブサイトはナホトカの事故をきっかけに誕生しました。最初は、それまでに手元にあった資料を急いで整理しただけのものでした。

 その後、1997年8月にタイトルを「環境経済学と環境評価」に変更して、タンカー事故以外にも内容を拡大していきました。また生態系の経済分析や環境経済学研究会の配布資料が追加されました。1998年6月からは「ワーキングペーパーのページ」が追加され、最近の研究内容が公開されています。この間、環境評価に対する社会的関心が急速に高まり、おかげさまでこのウェブサイトも年間1万件に及ぶアクセスがありました。現在はYahoo! Japanのクールサイト(サングラスマーク)の指定も受けています。

 1999年4月に私の所属変更にともない、サイトのタイトルを「環境経済学(栗山研究室)」に変更し、ウェブサイトの構成を大幅に変更しました。

 2002年2月から2004年2月までバークレーに滞在することになりましたので、これを機会に新サイト「環境経済学@バークレー」を公開しました。新サイトでは、バークレーでの研究生活を中心に拡充しました。帰国後は、新サイトと旧サイトを統合し、「環境経済学@栗山研究室」としてリニューアルしました。

 そして2009年9月にサイトのタイトルを「環境経済学(栗山浩一)」に変更しました。

 このウェブサイトは私個人が管理していますが、環境経済学研究会の参加者の方々の協力を得て作成しています。また、ウェブサイトの読者の皆さんから頂いた多数のご意見・ご感想も参考にさせていただいています。著者から一方的に情報を発信するだけではなく、読者の皆さんとの交流を通じて、新たな環境保全型社会のあり方を考えていきたいと思っています。

 これからもさらに拡充していくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。

リンクの許可について

環境経済学(栗山浩一)はリンクフリーです。リンクは以下のようにお願いします。なお、リンクしたときは までメールをいただけると幸いです。(下の『環境経済学(栗山浩一)』のバナーをご自由にお使いください。)

 タイトル 環境経済学(栗山浩一)
 URL http://kkuri.eco.coocan.jp

 

ウェブサイトの内容について

このウェブサイトの文章、PDFファイル、写真等の著作権は著者にあります。著者に許可なく転載することは禁じます。個人的に使用するのは構いませんが、引用を希望される場合は まで連絡願います。


このページについてのお問い合わせは まで