授業評価の結果を掲載

前期の最後に「学生による授業評価アンケート」をお願いしましたが、集計結果が出たので授業のページに掲載しました。
学生による授業評価アンケート(2004年度前期、栗山担当科目) (PDFファイル、22KB)


集計結果の概要は以下のとおり
・すべての項目について大学全体の平均を上回っていた。
・総合評価(はすべての科目で4.8点(点数は5点満点)。
・大教室の環境経済学よりも少人数の計量分析や専門演習の方が出席割合は高い。
・環境経済学は授業のやり方や資料に関する項目が高い傾向にあるが、質問の対応、判断力などが低い。質問については、講義の後に質問を受ける時間が足りないのかもしれない。
・計量分析は授業内容や説明方法に関する項目が高い傾向にあるが、学生の積極性や判断力などが低い傾向にある。教員の説明のままパソコン操作を受動的にマネするだけではなくて、自分で考えて操作するような時間を取り入れるほうがいいかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

休講します

次の記事

授業のページを更新