『環境経済学をつかむ』経済実験のコーナー

ウェブ版の経済実験

『環境経済学をつかむ』で取り上げられている経済実験についてウェブで体験できるものを用意しました。どうぞご利用ください。
  栗山浩一・馬奈木俊介.『環境経済学をつかむ(第3版)』有斐閣、2016年12月(amazon

(1) ごみ問題の経済実験
  
  ごみを分別する時間を計測して限界削減費用を調べます。実験の詳細はテキストp24を参照。

(2) 公共財の経済実験
  
  コンピュータのプレイヤーと対戦して公共財への投資行動を調べます。実験の詳細はテキストp61を参照。

(3) 排出量取引の経済実験
  
  コンピュータのプレイヤーと対戦して排出量取引の効果を調べます。この実験は教科書には解説がありません。実験の詳細は実験画面にあります。また排出量取引の詳細はテキスト「unit10 排出量取引」を参照。

(4) 環境リスクの経済実験(1)
  
  工場を配置して汚染事故が起きるリスクを自分で対戦して調べます。実験の詳細はテキストp214を参照。

(5) 環境リスクの経済実験(2)
  
  こちらは,環境リスク実験(1)の結果をシミュレーションで調べます。実験の詳細はテキストp214を参照。